genkihoumon's diary げんきほうもんダイアリー

認知症の講演をしました

明けましておめでとうございます、看護師の泉です。

この年末年始、身に染みるような寒い日が多く、朝起きるのがとても大変です。

でも食欲だけはしっかりあり、何とかこの寒さを乗り切ろうと自然と体に脂肪をまとっている今日この頃です。

 

さて、題名にも書いた通り、昨年10月の末に旭区の白根地域ケアプラザが主催してくださった認知症カフェにて、認知症の基本知識や症状のある方への対応方法、訪問看護師として普段どのようなことをしているのかなどをお話をする機会をいただきました。

 

f:id:genkihoumon:20220114172612j:plain

↑この写真しかなくて、残念なのですが・・。当日の入口です。

 

当日は、感染症対策のために人数制限をかけていたにもかかわらず、多くの地域の方がいらしていただき、とても緊張しました。

しかし、ボランティアが企画してくださった認知症体操で体を動かしたら、私の緊張もほぐれて、本当にありがたかったです(私のためではないのですが笑)。

 

そのおかげで、落ち着いて内容を伝えることができたように思います。

参加者の皆さんが、真剣に耳を傾けてメモを取っていただいている姿を見て、関心の高さを感じました。

 

終了後には「話すスピードがちょうど良くてわかりやすかった」「訪問看護師さんの話を初めて聞いて、新鮮だった」などの感想をいただいたり、個別に相談をお受けすることも出来ました。

 

今回の講演は、訪問看護の依頼をしてくださるケアマネージャー様が、認知症のご活用者様やそのご家族様に対する元気訪問看護のスタッフの普段の関わり方を見てくださり、ご依頼をいただきました。

 

認知症専門医の代表のもと、多くの症例を経験してきたこと、ケースカンファレンスなどで意見交換してより良いケアを検討して実践してきたことなどが、地域に認められて還元できたのではないかと思います。

 

認知症のご活用者様に対するケアは、ケースごとに工夫を凝らして関わることが必要で、大変なこともありますがとてもやりがいがあります。

病院の中での認知症の患者様への看護と、在宅の認知症のご活用者様への看護は大きく異なります。在宅では、認知症の方でも、安全に生活できることが前提にはなりますが、楽しみや幸せを感じられる方法を模索できます。ご興味のある看護師さん、セラピストさん、ぜひ元気訪問看護で一緒に関わってみませんか。

 

また、講演のご依頼などもどしどしお受けいたしますので、お問い合わせください。

 

元気訪問看護ステーション 

看護師 泉 智亜紀

 

皆様、こんにちは。元気訪問看護リハステーションの看護師の栗原です。
早いもので、もう師走となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。さて、今回皆様のお力添えの元、ご活用者が増えてまいりまして中山にある元気訪問看護リハステーションのサテライト・オフィスが中川駅市営地下鉄ブルーライン)に12月よりオープンしました。名前は「元気訪問看護リハステーション中川サテライト」です。
※サテライト・オフィスとは企業本部や団体の本庁舎・本部から離れたところに設置されたオフィスのこと。
場所は中川駅徒歩1分。都筑区青葉区港北区のご活用者様により近くなりました。
新店舗には看護師1名、作業療法士1名がいます。

内装にも手をいれたので、ぴかぴか。これからさらにオフィスを整えていきます。
皆様が安心した在宅生活が送れるように、中山にある元気訪問看護リハステーションと中川サテライト・オフィスと連携していきます!
引き続き、元気訪問看護リハステーション中山、中川サテライトもどうぞ宜しくお願い致します。
 
栗原里紗


縁の下の力持ちとして地域を支えます!!^o^


皆様、こんにちは。元気訪問看護リハステーション理学療法士の川村です。

いつも当ステーションのブログを読んで下さりありがとうございます。

 

10月の半ばを過ぎて、陽が落ちるとぐっと冷え込むようになってきましたね。

また、早朝は冷え込むため布団から起きることに苦労しております。

 

さて、昨年の6月にオープンした当ステーションも1年と4ヶ月目に入りました。私たちは、当ステーションの『人生を元気にする』という理念のもと、地域専門職としてご活用者様のお役に立てるよう奮闘しています。

 

今回は当ステーションで9月に開かれた会議についてお伝えします。

当ステーションでは半年に1度、地域の皆様に活用していただけるように会社の方向性を話し合う会議があります。

 

今回の会議では会社が成長し、より多くのご活用者様に利用していただくため『自分の親を呼びたくなるような訪問看護とはなにか』をテーマにそれぞれのスタッフが意見を出し合いました。

この会議により会社の方向性をスタッフ全員が共有でき、ひとつの目標に向かっていくための良い機会を得られました。また、自身の仕事に対する姿勢を考え直すとても有意義な時間となりました。

 

f:id:genkihoumon:20211021182356j:plain

上の写真は、スタッフ同士で意見を出し合って考えをまとめている様子。

※感染対策のために2チームに分割し、2部屋の間をwebで繋いで会議を行いました。

 

f:id:genkihoumon:20211021182433j:plain

 

最後になりますが、早いもので2021年もあと3ヶ月となりました。

今後もスタッフ全員で地域の皆様を支えるためチーム一丸で頑張って参ります。

これからもよろしくお願いします!!

 

理学療法士 川村 龍徳

 

 

 

うちの会社は365日ピカピカです

皆様、ブログを見て下さってありがとうございます。

元気訪問看護リハステーションの海老澤です。

 

9月後半になりようやく秋めいてきました。

今年の夏を振り返ると、特に暑いため私は例年より冷たいスイーツを多く食べました。

なかでも印象的なのが『かき氷』。

かき氷も進化し、氷やシロップにこだわったものが増えてきました。

今年私が食べたものはミルクベースの氷にキウイフルーツのシロップがかかっていて、

フワフワの食感とキウイの甘酸っぱさが美味しかったです。

 

さて、今月は弊社で行っている『環境整備』についてお話します。

朝礼後必ず5~10分環境整備を行います。

環境整備はただの清掃ではありません。

床やテーブルはもちろんですが、あまり人目がつかない棚の裏もキレイに掃除します。

特に汚れやすいお手洗いや洗面台は1日3回掃除します。

そのため、うちの会社はいつもキレイ!

そして、掃除をすることでスタッフの『心』もキレイになります。

 

f:id:genkihoumon:20211006180301j:plain

 アルコールを染み込ませたペーパーで皆様が触れる箇所をキレイに拭いています。

感染症対策も万全です。

 

f:id:genkihoumon:20211006180322j:plain   

 発注カードを作成したことで在庫が残りいくつあるのか一目瞭然。残りが少なくなったら直ぐに発注をします。

 

また、環境整備は物品管理も含まれています。

ステーションで使用する物品や訪問看護で使用する物品の消費が激しく、

発注忘れにより『〇〇の在庫がない!!』といった問題が頻繁にありました。

そこで、改善策として『発注カード』を作成し、物品の個数管理を徹底するようにしました。

 

在庫の残りがいくつになったら発注するというルールを決めたのです。

どの物品がどのくらい足りないのかという問題が以前は頻繁にありました。

このようにすることで物品不足も無くなり、発注するタイミングも明確になりました。

これで物品が足りないなんてことはありませんよ。

 

スタッフと毎日環境整備をすることで、キレイな職場で働けて、物品もいつも揃っている環境で過ごせることは凄く居心地が良いですよ。

今日もキレイな心を持って訪問に行っていきます!

 

海老澤拓也

私たちのモーニングルーティン♪

皆様、こんにちは。

訪問に行く途中の公園では一斉に蝉が鳴いています。
いよいよ夏本番となりました

 

休日は息子と公園に行き、
汗をかきながら必死に蝉や蝶を捕まえている私ですが、
強い日差しに何度も挫けそうになります

そんな暑い中でも子供達のパワフルな姿を見て元気をもらっています。

 

はじめまして、元気訪問看護リハステーション看護師の工藤です

 

さて、ステーションでは、夏の暑さや子供達のパワフルさにも負けず、
朝からスタッフ全員で体操を行っています。

理学療法士作業療法士言語聴覚士のセラピスト達が講師となり、
日々の訪問で使えるリハビリを伝授してくれます。

 

例えば下の写真は、ご活用者様が家庭内で安全な起居や歩行ができるよう、
下肢の筋力トレーニングを実際にみんなで行っているところです。

 

f:id:genkihoumon:20210807160614j:plain

 

セラピストが動作のポイントなどをスタッフに指導しながら行っています。

 

私は看護師として訪問していますが、
ご活用者様の中にはリハビリが必要と思われても、
さまざまなご事情セラピストによるリハビリを導入できない方もいらっしゃいます。

 

そこで、訪問看護でもセラピストから教えてもらった
これらのリハビリを訪問に取り入れています。

 

難しい器具はいりません。
体操の時に支えとなる椅子やテーブルがあれば、どなたでも行えます。
すぐに覚えられるほど簡単なメニューになっています。
ケガがないよう重要なコツもお伝えしています                    

 

そして私たちも朝から身体を動かすことで気持ちが切り替わり、
ますます訪問への気合いが入ります。

 

 

体調を崩しやすい季節です。
熱中症や脱水にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

 

看護師 工藤 紫

 

訪問先では1人でも、心は独りじゃない

4月に訪問看護の世界にはじめて飛び込んだ私ですが、
3か月が過ぎて周りの優しい先輩スタッフに支えられ、
ようやく日々の業務に少しずつ慣れてきました。

 

プライベートでも、私の新しい仕事への挑戦と重なり、
長女が高校入学、長男が中学入学、次女は・・・まあマイペースに過ごしていますが、
みんなが新しい場所で自分の居心地のいい過ごし方を見つけて
家庭内にも穏やかな風が戻ってきました。

 

日々、訪問看護で様々な事情を抱えるご活用者様と向き合う中では、
自分の言動でご活用者様が笑顔になってくれて私の方が嬉しくなることもあれば、
どうしたら良い方向に進むのだろう・・・と頭を抱えるケースももちろんあります。

 

元気訪問看護リハステーションでは、
毎日のナースカンファレンス、週に一回の全体ミーティングで、
このような日々の嬉しかったことや困っていることを共有、相談できます。

 

ナースカンファレンスでは、看護師同士で看護問題を共有したり、
「こんな時には皆さんならどう対処するか」など細かい部分まで相談しています。

 

そうすることで安心して日々の訪問ができますし、
お会いしたことのないご活用者様の情報を共有できることで
夜間の緊急対応もしやすいシステムになっています。

 

f:id:genkihoumon:20210707114549j:plain

 

また、全体のミーティングではリハビリスタッフや医師である代表の意見も聞けて、
多角的な視野から問題解決できる貴重な場です。
ずっと病院で働いてきた私にとっては、
このような場がとても新鮮で楽しい時間になっています。

 

f:id:genkihoumon:20210707114619j:plain

 

さて、今日もどんな出会いがあるかワクワクしながら出発です!

 

                              看護師 泉 智亜紀

 

                                                                     

 

 

試行錯誤のステッカー張り!社名を背負ってさらに安全運転を!

皆さま、初めまして。
言語聴覚士の今薗(いまぞの)です。

 

ようやく梅雨に入りましたね。
雨や湿気の憂さに悩まされながらも、
色鮮やかな大輪の紫陽花に、心が踊るような季節でもあります。

 

さて、4月に入社した私たちも新しい訪問車両を与えられ、
安全運転に心がけながら、毎日の訪問看護に伺っております。

 

少し前になりますが、
自分たちの新車両に「元気訪問看護リハステーション」の
ステッカーを貼る作業を行いましたので、その様子をご報告♪

 

f:id:genkihoumon:20210618135208j:plain

 

その日はたまたま強風の日・・・、
ステッカー同士が引っ付かないように、
車体から剝がれないように、慎重かつ緊張の作業が続きます。

 

( ドキドキ・・・)

 

f:id:genkihoumon:20210618135211j:plain

/ じゃーーーん !!! \

 

いかがでしょうか。

 

完成したら一安心。
愛車と笑顔でポージング。

 

今までの人生の中で、ステッカー張りはもちろん未経験。
塗装屋さんのプロの早技に、頭が下がります。

 

私たちはまだまだ新しいステーションですので、
自分たちでできることは、自分たちで行う。

 

ステーションが自分たちの手で出来上がっていくことに、
日々のやり甲斐を感じております!

 

さて、社名を背負って、意気込みも十分。    

 

皆様の健康をお守りするために、

今日も安全運転で、頑張ります!!!

 

 

言語聴覚士 今薗幸恵